相手の喜びは自分の喜び 〜贈り物をする〜

贈り物に興味がある方への参考サイト

相手の好みをできるでけリサーチする

贈り物をするとき、気になるのは相手がその品物を嫌いでないかどうかということです。

食べ物やお花は消耗するものなので、気に入れば食べてもらえるし、気に入らなくても人にあげたり親戚に譲ったりすることもできるので、相手の好みがわからないときに贈ることが多いです。

器やインテリアは好みがあるので贈れません。

私は個人的にリヤドロなどが好きなので、以前会社の先輩が結婚するときにウェディングドレス姿のものを贈りました。とても喜んでもらえましたよ。

インテリアらしきものを贈ったのはそれだけです。

お中元やお歳暮で相手の好みがわからないときは、カタログになっているものを贈るのもいいですよね。
お魚でもお肉でも果物でも、好みのものを選んでもらえますからね。

相手の好みがリサーチできるなら、できるだけ行ったほうが、相手の好みにあう贈り物ができそうです。
そうでないと、私はついつい自分が好きなものを選びがちです。

相手の喜んでくれる姿を思い浮かべながら、気持ちのこもった贈り物をするようにするのが一番大切かなと思います。

話題になっている贈り物に関わる話は、深く知るならココが手軽で便利です